女性の薄毛と遺伝の関係

「父は、若くして禿げていました。」「祖母は、女性の薄毛に悩んでいたようです。」「そんな家族を持つ私は、やっぱり薄毛になるんでしょうか?」という質問が多く寄せられています。

 

確かに、家族に薄毛の人がいたら、ひょっとしたら自分も・・と不安になる気持ち、よくわかります。

 

ここでは、「薄毛が遺伝するのか」「もし、遺伝するなら、対処する方法はないのか」について掘り下げます。特に、女性の薄毛と遺伝の関係を詳しくご説明します。

 

女性の薄毛は遺伝する?

 

正直に申し上げましょう。女性でも遺伝によって、薄毛になる可能性はあります。「ええーっ!!」というあなたの悲鳴が聞こえた気がします。

 

でも、女性の薄毛の場合、男性の薄毛が遺伝によって起こる可能性の半分程度しか遺伝が影響しません。つまり、高校の生物で習った遺伝の法則を思い出してください。男性が遺伝によって薄毛になるのは、「両親のどちらか」から遺伝子をもらった場合です。

 

一方、女性が遺伝によって薄毛になるのは、「両親の両方」から遺伝子を引き継いだ場合のみです。また、遺伝子を受け継いだからと言って、必ずしも薄毛が発症するわけではありませんから、悲観しないでくださいね。

 

そのうえ、薄毛には、男性ホルモンの1種、テストステロンが大きく関わっています。男性ホルモンというぐらいですから、男性は多く分泌します。女性も男性ほど多くないにせよ分泌します。

 

遺伝による薄毛は、男性ホルモンのテストステロンと関係があるので、女性にはあまり症状は出ません。

 

薄毛が遺伝する仕組みについては理解していただけたでしょうか?女性は、遺伝による薄毛のリスクは少ないということがわかっていただけたと思います。

 

ただ、遺伝ではないけれど、両親から引き継いで、薄毛になる可能性を高めるのが生活習慣です。

 

 

薄毛になる可能性は、遺伝子より生活習慣!

薄毛になる大きな原因は、遺伝ではなく、生活習慣の乱れです。つまり、睡眠不足、食生活の偏り、ストレスなどが重なって、薄毛リスクを高めます。悪いことには、遺伝による薄毛を悪化させることにもなります。

 

一緒に暮らしていると、両親の生活習慣と似てきます。夜更かし型の両親なら、子供もそうなります。運動嫌いなら運動嫌いに、好き嫌いが多くジャンクフードを多く食べる両親なら、同じようになります。これらは、薄毛を引き起こすトリガーになります。

 

「ひょっとして私の薄毛は、遺伝?」と思ったら、生活習慣は大丈夫かと見直してみましょう。

 

生活習慣を正せば、薄毛は改善できます。生活習慣を見直せば、身も心も健康になり、髪の毛も健全に育ちます。

 

まとめ

 

遺伝による薄毛は確かにあります。だからと言って、あきらめる必要はありません。
遺伝だけで薄毛が発症する確率は低いです。薄毛になる一番の原因は、生活習慣の乱れです。まず、生活習慣を見直してみましょう。たとえ、遺伝による薄毛であっても、生活習慣を正せば、改善しますよ。

 

遺伝の仕組みでご説明したように、女性の薄毛の場合、バランスの取れた食事、十分な睡眠を確保するだけでずいぶん変化があると思います。

 

さらにあなたに合った育毛剤や育毛シャンプーでケアをすれば、きっと明るい未来が開けます。